XAMPP phpMyAdmin ログイン設定 -Mac-

xamppロゴ

新しくXAMPPをインストールした場合、phpMyAdminにはパスワードの入力なく入れてしまいます。

そこで、Mac版XAMPPのphpMyAdminのセキュリティ対策、ログイン設定に関して記載していきたいと思います。

1.phpMyAdmin ログインパスワード設定

ターミナル起動

ターミナルの場所はFinderを起動させて、「アプリケーション」>「ユーティリティ」の中にターミナル.appとしてあります。
もしくは、Launchpadを起動させ、特に配置設定を変えていなければ「その他」の中にターミナルはあります。

起動すると下記のような画面が表示されます。

ターミナル画面

[ターミナルを起動]

[su と入力](rootユーザーに切り替えます)

[rootユーザーのPasswdの入力]

ここで、su: Sorry と出てしまい先に進めなくなった場合、rootユーザーを有効にしていない可能性が高いです。

その場合は、rootユーザーの有効・無効の切り替え -Mac- のページの「3.ターミナルをrootユーザーに切り替える」の部分を参照してrootユーザーを有効にしてください。

リンク先ページの1の部分の方法でも良いのですが、若干ややこしくなりますのでを参照し、[sudo passwd root]を利用して設定してください。


[/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/mysqladmin -u root -p password と入力]

[Enter Passwd と出ますが、何も入力せずにエンターキーを押します]

[New Passwd と出ますので、設定したいパスワードを入力]

[Confirm new password と確認の為もう一度入力出ますので、再度入力]

[exit と入力してrootユーザーから一般ユーザーに切り替えます]

[ターミナルでの作業完了]

config.inc.phpの編集

次に、下記ルート先にあるconfig.inc.phpをテキストエディタで開きます。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/phpmyadmin

使用しているverによって多少の違いがあると思いますが、28行目あたりに、

/* Authentication type */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = '';

という部分があると思います。この部分の、

auth_type」を「cookie」へ

password」に「上部で設定したパスワード」を入れてください。

/* Authentication type */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = '設定したパスワード';

このような感じです。

ちなみに、「auth_type」の部分がconfigだとログイン画面が表れず、そのままログイン出来ます。
cookieにするコトで、毎回パスワードを求められるようになります。

2.rootユーザーを有効にするコトによって起きる問題

問題としましたが、実際は問題というほどのコトではありません。

この問題に気づくのはMacを再起動した時です。
アカウントに、「その他のユーザー」という選択が追加されています。

rootユーザーの有効・無効の切り替え -Mac- 4項の通り、rootユーザーを無効にすれば消えます。

Life Manual Navigation

Categories: XAMPP