rootユーザーの有効・無効の切り替え -Mac-

appleロゴ

まず、rootユーザーとは、「管理者」よりも上の権限を持つアカウントとなります。
ゆえに、全てのフォルダやファイルにアクセス出来、削除したりするコトができます。

また、Macを購入してから特に設定に触れていないと、デフォルトの状態では無効となっています。

1.rootユーザーを有効にする

「システム環境」>「ユーザーとグループ」

[変更するにはカギをクリックします]

[ログインオプション]

[ネットワークワークアカウントサーバ:接続]

[ディレクトリユーティリティを開く(サーバの部分には入力しない)]

と進みます。

※カギを開けるにはパスワード(ログインと同じ)が必要になります。

システム環境設定

「ディレクトリユーティリティ」

[変更するにはカギをクリックします]

[編集]

[ルートユーザーを有効にする]

ディレクトリユーティリティ

初めての設定の場合はここでパスワード設定を求められますので、設定しましょう。

2.rootユーザーを無効にする

上記の1にて説明した方法と同じです。
現在の状態が有効になっていれば、[ルートユーザーを無効]と表示されていますので、そこを選択してください。

3.ターミナルをrootユーザーに切り替える

[ターミナルを起動]

[su と入力]

[パスワード入力]

でrootユーザーに切り替えるコトが出来ます。

ターミナル画面

これで完了です。

su: Sorry

しかし、su: Sorry の文字が現れ切り替えれない場合があります。
それはディレクトリユーティリティの方で無効になっている場合と、冒頭で述べたように、まだ1度もMacを購入してから、またはOSのアップデートなどをしてからrootユーザーの設定をしていない場合です。

その場合は、[sudo passwd root]と入力します。

ターミナル画面

これでrootユーザー切り替えのパスワード設定に移ります。
新しいパスワードの入力とそのパスワードの入力確認をするコトになりますので、2回入力するコトになります。

※一度rootユーザーを有効にしたコトがあっても無効に切り替えた場合は、ディレクトリユーティリティにて再度有効にする場合もパスワードの設定が必要になります。

その後、[su]を入力し、パスワードを入力すればrootユーザーでログイン出来ます。

rootユーザーを抜ける場合は[exit]と入力すれば一般ユーザーに切り替わります。

4.その他のユーザーがログイン画面に表示されるようになった

rootユーザーの設定を有効にすると、ログイン画面に「その他のユーザー」というアカウントが増えます。
消したい場合は、無効にすれば表示されなくなります。

Life Manual Navigation

Categories: Mac, System