XAMPP DROP DATABASE エラー -Mac-

xamppロゴ

Mac版XAMPPのphpMyAdminにてMySQLデータベースを削除出来ない場合の対処手順を記載していきたいと思います。

1.DROP DATABASE エラーについて

DROP DATABASEとはデータベースの削除のコトになります。

今回記載するDROP DATABASEのエラーはMac自体を新しくしたり、OSをアップデートしてXAMPPも新しいVerのモノを入れようと入れ直した時などに起きやすいです。

またDROP DATABASEのエラーが出る時は主に、#1010や#1588と言った番号で出るコトが多いと思います。

2.DROP DATABASE エラーの対処法

とにかく特定のデータベースをまるごと消したい形なので、そのデータベースが保存されているフォルダを直接削除してしまう形が1番良いと思います。

MacのXAMPPであれば、作成されたデータベースは下記ルート先に保存されています。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/var/mysql

消したいデータベース名と同名のフォルダを削除しましょう。

削除した後は、phpMyAdminにて確認してください。

Life Manual Navigation

Categories: XAMPP